スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マニアから学ぶこと・4 涼子さんと佳行さん

前回はこちら

小さなカメラは佳行さんの邪魔をせずに、吐息でレンズが曇るほど涼子さんに近づくことが出来る。
淡い珊瑚色の口紅をつけた涼子さんの唇が、縄の動きに合わせてゆるく閉じたり開いたりしていた。
そこから洩れる小さな喘ぎ声は、佳行さんの耳に届いているのだろうか。

はぁ、あぁ……。
はぁ、あぁ……。

と繰り返される切なげな吐息と声。
それをそばでずっと聞いているうちに、わたしも涼子さんのタイミングに合わせて呼吸していた。
繰り返される甘い喘ぎと苦痛を表す呼吸は、平常時のそれよりもずっと速く、
浅く短い呼吸を続けていたわたしの脳は酸欠になり、
頭がクラクラしてきたと思っているうちに、指先の痺れも自覚する。
このままでは、まずい。
撮影者が、責められる女性と一緒に縄酔い状態になってしまうなんてシャレにならない。
わたしは一旦お二人から離れ、全身が収まる位置まで畳の上を後ずさった。

離れて見る涼子さんと佳行さんは、背景の襖絵からくっきりと浮かび上がり、
とても美しかった。
北斎の富嶽三十六景に似た、力強い波頭が描かれた襖だ。
碧瑠璃いろの大きな波から、真珠のような乳白色の飛沫が散っている。
その前で、涼子さんは薄いローズピンクのスカートを丸く広げ、
ツルツルしたたっぷりの生地に、太腿を舐められる感触を味わってるようだ。
括られた足首だけが、スカートの裾から覗いている。
両足を小さくまとめるようにくっつけ、足指はすべて内側に強く曲げられていた。
ウエストにかかる縄が、梁から下がった麻縄の輪に結び付けられると、
むっちりした白い身体の中心が、畳から浮いてゆく。
涼子さんは足指を反らしたり曲げたりしながら、首をのけ反らせた。
白い首。
汗でそこに張り付いた、数本の髪。
はだけたブラウスからのぞくベージュのブラは、豪華なレースが眩しいほどだ。
鎖骨の窪みに、うっすらと滲んだ汗が留まっている。

佳行さんは胸縄をぐいっと掴むと、それを一つにまとめて縄尻を梁にかける。
そしてスカートに包まれた右脚を持ち上げ、膝を縛ってそれも吊り上げた。
涼子さんは辛そうに眉を寄せ、畳の上に残された左足の爪先で鮮やかなヘリを掻く。
頭が少し下がったことで、白い頬が急にばら色に染まってゆく。
自身の顔が熱くなったことを自覚すると、涼子さんは急に恥ずかしそうに身体を縮めた。

「いや、見ないで。こんな顔を、見ないでちょうだい……」

振り絞るように言う声を、佳行さんの意地悪な言葉がさえぎった。

「見られたいのはわかってるんだ。ほれ、ちゃんと顔をカメラの方に向けてみろ」

濡木痴夢男とそっくりの、やや芝居がかった言い方だった。
そうか。
さっきから微妙な既視感 に背中がゾクゾクしていたが、そういうことか。
涼子さんと佳行さんを見ていると、「緊美研ビデオ」を見ているような錯覚がある。
ご夫婦で二百本近くもの緊美研ビデオを見ているのだから、当然と言えば当然かもしれない。
それぞれが描く理想の「縛る男」と「縛られる女」。
たくさんの緊美研ビデオを見て、その中に入りたい、その世界に浸りたいと、
何十年も切実に思ってこられたお二人が、いま緊美研の世界を再現しているのだ。

わたしは胸が熱くなるのを感じ、それから頬を伝った涙が顎から零れ、
ぽたりと微かな音をたてて畳に落ちるのを見ていた。
美しい畳を汚してごめんなさい、と思いながら、
(せんちゃん、こんな素敵なマニアの人と出会えたよ。
緊美研をやってきて、本当によかったね)
と、いまはもういない人に心の中で話しかけた。

細く開けた障子の隙間から、初夏の香りが漂ってくる。
お庭の緑がまばゆく、紫陽花の濃いブルゥが切なかった。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/08/01 20:53 ] 緊縛美研究会 | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。