スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

縛られた身体はどこまでも透きとおる

『悠理は巫女のような存在だ』と、濡木痴夢男と緊美研のカメラマンからよく言われていました。

「巫女」……ですか。
この場合の巫女とは、神社でお勤めをする巫女ではなく、
女性のシャーマンという意味でした。
シャーマンと言えば、『生贄~聖霊たちの謝肉祭』という作品の中で、
わたしが演じていたのがシャーマンでした。
4de72b4e2d42650e3a7997907ea0ec6a.jpg
「演じた」というよりは、「思うままに動いただけ」という気もします。
これは当時、実験的にいくつかの作品を一緒に作ってきた、
年齢も職業もバラバラな仲間たちで撮影をしたものです。
子どもの頃から「生贄」というイメージに異常に惹かれていたという、
東北地方に住んでいた人の案を映像化したものでした。
あ、また話が逸れてしまいそう。

「悠理は巫女のようだ」とせんちゃんが言ったのは、
「緊美研の行く先・進むべき道、あるいは在るべき姿」を示す、
そんな、緊美研の現在と未来を占い、導いてゆくという大役を
わたしに与えてくれた……というよりは、
「押し付けた」という言い方の方がぴったりかも知れません。
それはわたしが緊美研のスタッフになって、少し経った頃でした。
緊美研ビデオが多くの人に知られるようになってからは、
「通俗的エロは一切排除」などと、せんちゃんは吹いていましたが、
初期には、いえ、わたしがモデルとして参加するようになってからも、
「これはちょっと……」と感じるようなシーンは何度もありました。
当時、緊美研は二部制になっていて、
一部は、参加した方たちが写真を撮れる撮影会という形式でしたが、
二部では、緊美研のカメラマンがSM雑誌に提供するための作品撮りをしていました。
二部が始まると、参加者たちはそれぞれのカメラをしまい、
雑誌のためにプロが写真を撮る現場を見学していたのです。
その中では、まあ、「通俗的な表現」もたくさんあったわけです。
特に、モデルとしてではなく、見学として参加していた「一般女性」に対しては、
「もっときわどいポーズを見たい」
「もっと辱めて欲しい」
と求める人もいて、「緊縛美」とはあまり関係ないような内容が展開されることもありました。
でも、そういう女性たちも「縄好き」を自称していましたが、
男性から何かを求められると、とても嬉しそうでした。
強制的に開脚ポーズに固縛されたわけでもないのに、
すすんで脚を開く女性、バイブレータの刺激を求める女性と、
ビデオに収録できないようなこともたくさんありました。

わたしはスタジオのソファに沈み、そんな光景をぼんやりと眺めていましたが、
ある一般女性(せんちゃんはマニア女性と呼んでいました)が縛られ、
大股開きで股間を責められていたとき、
らんらんと目を輝かせている何人かの人たちの後ろのほうで、
壁に寄りかかって腕を組み、むずかしい顔をしている人を見つけました。
その人の視線を辿ると、マニア女性の股間ではなく、
眉間にシワを寄せて喘いでいる、その顔をじっと見つめていたのです。
女性の喘ぎ声は切迫し、わたしも思わず体に力が入りました。
ガクガクと痙攣する全身に汗をにじませて、その顔は赤く染まっています。



あらら。
また、だいぶ話が逸れてしまいました。
タイトルと全然違う内容になってしまいました。
つづきは、また別の日に書きます。


7日の正午まで、二商品以上のダウンロードで20%OFFになります。
全レーベルが対象ですので、ぜひご利用ください。
アダルト動画 DUGA -デュガ-
特に「こんなものまで!」とびっくりするようなフェチ作品がたくさんありました。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/01/06 05:48 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。