FC2ブログ

怒らせたい・・・

朝刊の二面の下三分の一くらいに、いつも書籍の広告が載っています。
何ヶ月も前になりますが、その広告スペースに
「もう、怒らない」というタイトルと、「考えない練習」というタイトルがあり、
その横には若いお坊さんの姿が映っていました。
新聞ですから粗いモノクロの広告でしたが、つるりとしたゆでたまごのような輪郭に、
穏やかに伏せられたまぶたと、うっすら微笑んだように見える口元。
その顔を見た時、強烈に思いました。
「この人を怒らせたい」

20121023042128b2f.jpg

最近では「僧侶系男子」などという言葉もあり、僧職についている男性に
注目が集まっているそうです。
女性が僧侶系男子に注目する理由としては、
「仕事が安定している」
「人間ができていそう」
など、まあ、どんな「系統」の男性に対しても
同じような望みを抱いているということなんでしょうね。

さて、上の画像は書店に貼ってあったポスターを撮ったものですが、
エスカレーターを上がってすぐに、これが目に飛び込んできました。
ずっと探していた人に、やっと会えたような感激を覚えました。
ポスターの前にたち、じっと見上げます。
背中がゾクゾクしてきて、膝が震えてしまうくらいでした。
やっぱり、この人を怒らせたい。
怒られたいのではありません。
怒らせたいのです。

怒っている人からは、瘴気のようなオーラが出ていて、
近くにいるだけでひどく疲れます。
以前仕事を一緒にしていた人は、とても怒りっぽかった。
それも、わがままな子どものような怒りです。
身体だけ大きくなって、中身が子どもというとてもグロテスクな人でした。
「暗黒の瘴気」ではありませんが、自分のターンが回ってくる前に、
何度も力尽きてしまいそうになりました。
でもこの僧侶なら、怒っていても毒気を撒き散らしたりしないような気がするのです。
怒らない練習も散々してきたのでしょうから、
わたしなどが何か言ったとしても、まったく相手にされないのかもしれません。
でも、怒らせたい。怒った顔が見たい。
怒らせたいのです。
そして、この僧侶に対して、とてもサディスティックな想いを持つ自分に気づきました。
要するに、自分が怒っているという事実に傷付いてほしい。
他人に「怒らない」ことを説く僧侶が怒りに震える・・。
つるんとした、ゆでたまごのような頬を紅潮させ、額に血管を浮かせて。
想像すると、昂揚します。
この人がひどく傷付いた様子を見せることに。

この人の著書は、一冊も読んでいません。
情報は、少ないほうがいいのです。
その方が妄想しやすい。

どこかのブログに、この僧侶が人生相談の回答をしていると書かれていました。
「相談者に攻撃的で、支配したいという欲求がうかがえる」と。

やっぱり、著書は読まない方がいいな、とおもいました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2012/10/27 21:27 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com