《冬苺 その一粒を食べ余し》  さよなら、まま。

一年前に脳梗塞を患い、昨年の初夏から急激に認知症が進行した、ある人の母。
彼女は連れ合いと二人で住む都内のマンションから、実家のある埼玉まで毎日通った。
広い一戸建てに独りで暮らす母と夜を過ごし、朝にはマンションに帰って自分の家のことをする。
そして午後にはまた、電車に揺られて遠い実家に出かけていた。
毎日。毎日。

彼女は美人で頭がよく、センスもよくて仕事のできる人だ。
美しく清潔で、気丈な人。
料理も掃除もなんでも上手くて、感情的にならない人。
でも、ふと思い立って一人でギリシャやエジプトに旅に出るような、
そんなところも魅力だった。

弱音を吐かない、愚痴を言わない。
そういうことは美意識が許さないとでもいうように、
他人に見せることは一切ない人だった。

秋になると、いよいよ症状が深刻になった母親の介護のため、
彼女はマンションを売却して実家に引っ越していった。

認知症は、本当に悲しいことだと思う。
きれいでやさしくて、何でも出来て大好きだったお母さんが、
とても見ていられないような姿になり、
耳を塞ぎたくなるようなことを言う。

まともに睡眠を取ることもできなくなっていた彼女は、
心身ともにギリギリの状態だった。

認知症の人も受け入れるホームへの入居は、突然に決まったらしい。
自分のことを娘だとわからなくなってしまった母親に
なにをしてあげられるのか。
ずっと考えていたという彼女は、
ホームへ母親を送っていき、自宅に戻ってひと息ついて、
もう母に起こされることはないのだと実感した時に、何を想っただろう。


冬苺 その一粒を食べ余し

大木あまりが「母危篤」のときに詠んだ句。

わたしの母は、冬の初めに亡くなった。
認知症にならなかったのは、本当に幸いだった。
尊厳死を望んでいた母は、自分の足で立てなくなった翌週、
食べ物を摂らなくなった。
訪問の看護師に尊厳死の意志を示し、理解を得た。
自宅の自分の部屋で、最期まであの人らしく生きた。
自分の足で立てなくなるということは、
誰かに「下の世話」をされてしまうということだ。
それが嫌で、母は自ら「餓死」することを選んだ。
どんな苦痛があっても、わたしたちに当たったり暴言を吐くことは一度もなかった。

「車椅子でお散歩にでますか」
という看護師に、
「綺麗な記憶がたくさんあるから、ここで目を閉じていればいいの」
と笑っていた母。

死体でもいいから、ここに在ってほしい。
母が息を引き取ったあと、心底そう思った。
翌朝、献体のために母の身体が運び出されたあと、
もう二度と戻ってこない人を想った。

さよなら、ママ。

認知症のホームへ送り出すことは、もしかしたら
それと似ているかもしれない。
彼女の母親が、生きて家に戻れることはおそらくないだろう。
一人の時間に彼女が何を想うのか、心配でしかたがない。

窓の外の桜のつぼみが膨らんできて、
猫たちが開花を楽しみに窓際でひなたぼっこをしている。
この桜を楽しみにしていた母を
急に思い出してしまった。
何年経っても、まだ会いたいと思う。
もういちど会いたい。
小さな骨を手のひらで弄んでみても、
それでも思う。
ママに会いたい。
ママに会いたい。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/03/15 00:00 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com