月別アーカイブ  [ 2016年06月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羞恥心がだいじ

2年ほど前にFacebookをはじめました。
日本の緊縛・縛り・SMに興味を持つ海外の「友達」もたくさんでき、
今まで見たこともないような「緊縛写真」を目にする機会が多くなりました。
それで、とても思ったのです。
「わたしはやっぱり、緊美研の人間なんだ」と。
それがどういうことなのか、
緊美研を知らない人にうまく伝えることは難しいですが、
一番の違いはきっと、

女性が「見られたくない」と思っている姿を見るために縛る

ということかも知れません。
うーん……余計に分かりづらいかな。

緊美研の写真をたくさん見てきたわたしにとって、
いま精力的に活動されている人たちの作品は、
「正面からしっかりと見つめることのできるもの」だと思うのです。
その違いはなんだといえば、
みなさんの緊縛は、アート・芸術を意識した「作品」として、
実に堂々としたものだと思います。
それに比べて緊美研の縛りは、
「見られたくないものを見る」
「コソコソ見る」
「後ろめたいけど見ずにはいられない」
などなど、とっても後ろ向きでウジウジ、ジメジメしたものです。
で、それこそが緊縛の本質だと、わたしは思うのです。

美しい大自然をバックに、スタイルのいい美人さんが縛られている……
大勢の人が一箇所に集まり、それぞれの緊縛の技を競い合う。
カルチャーセンターのレッスンのような、学習発表会のような、
みんなで向上しあうような雰囲気は、
湿度の高いメンタリティを持つ日本の緊縛とは、真逆にあるものだという気がします。
そこには「羞恥」や「惨めさ」「憐れさ」などはなく、
男女が対等の立場で楽しむものとして、
新しい愛情表現や、女性をもっと美しく見せるため、
あるいはセックスをよりよくするための行為としての緊縛があるような気がするのです。

緊美研の縛りは、
縛る側(男)と縛られる側(女)の気持ちが重なることは決してないのです。
理解し、愛情がありながらも絶対に相容れないものとして、
お互いに寂しさを胸に抱きながら、
その寂しさや寄る辺なさを埋めようと、
あるいは情けない自分を消滅させて、女の中に深く埋めて隠してしまおうと、
ダメな自分を全部ひっくるめて抱きしめてもらおうと、
男は必死に女を縛り、女は女で、
そのダメな男を包み込んでやれるのはわたししかいない、という気持ちでいる。
「そういうふうにしか生きられない」
「そんなふうにしか愛せない」
ある意味カタワのような、切なく愛すべき人間たちのものでした。

やっぱりね、羞恥心てだいじ。
わたしにとっては、それが見えるかどうかで好き嫌いが決まるほど重要です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
※以下は、濡木痴夢男の「緊縛ナイショ話」より抜粋です

 近江亜紀は、外形上の美しさとか、一般的な女の魅力においては、とてもこのママさん
に及ばないが、純粋な「羞恥心」があった。
その羞恥心は素直で、可憐で、いじらしかった。可愛らしかった。
いじらしく縄に悶えて恥じらう姿からはたまらなくオーラが発せられて魅力的だった。
緊美研に集まってくる男も女も、亜紀の心の底からにじみ出るその羞恥の姿に心を奪われ、陶酔した。
縛られて素直に歓喜し、反応する亜紀の肥満体はセクシーだった。
いや、セクシーなどという単純なものではない。
そこには純粋な「SM」の姿があった。
くり返していう。羞恥心がなかったら、そのM女性の価値は、S男性にとってゼロなのである。
結局S男性は、女性の羞恥心にすがって、Sの欲情をふるいたたせているのだ。

 緊縛された亜紀の肥満体は美しい汗にまみれて光り、それゆえに十数本もビデオ化され、
よく売れた。
単にデブ女好みのマニアの嗜好に合ったというだけではなく、
亜紀が出演した映像は、SM本来の魅力に充ちあふれていたのだ。
 私はU子に案内されて六本木のこの店をおとずれ、本当によかったと思った。それは、
もうこの世にはいない近江亜紀の魅力を、強烈に再確認することができたからである。そ
うなのだ。SMは「心」なのだ。心と心のつながりなのだ。形ではないのだ。

******************************
写真はすべて2009年5月の緊縛美研究会で撮影されたものです。

IMG_0217.jpg
春原悠理


IMG_0247.jpg
沢戸冬木
IMG_0259.jpg
沢戸冬木
IMG_0265.jpg
沢戸冬木

沢戸冬木さんが縄を解かれたあと、恥ずかしくてライトの届かない部屋の隅に
這って行って隠れたこと。
そこにうずくまり、なかなか出て来てくれなかったこと。
いま思い出しても、可愛くてしかたありません。
もう、奥歯がギリギリしちゃうほど。



【緊美研DVDのご購入はこちらからどうぞ】


【各社動画のダウンロードはこちらから】
アダルト動画 DUGA -デュガ-
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/06/25 23:26 ] 緊美研 | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。