切腹ビデオを撮りたいな

私が過去に出演してきた切腹ビデオは、『生贄』も数にいれるとすると、
『散華』『聖餐』『珠姫草紙』『生贄』……?
あれっ?
これだけだっけ?

なんだか、『失楽園』の軍服姿の女性とか、『魅惑の白刃』の案内役とか、
その他の全ての現場に参加していたからか、もっと多いんだと思ってました。
あぁ、そっか。
こんなに少なかったんだ。

『散華』の撮影をする前のミーティングのこととか、秋田さんとの出会いとか、
現場で感じたこと、帰りに血まみれでラーメン屋さんに行ったこと、
もうずぅっと昔のことだけれど、自分の記録として残しておきたいな。

でも、それよりもやっぱり新作を撮りたい。
ずっと見たかった光景、表情、そんなのをぜんぶ、後悔のないように
撮れたらすてき。
来年できたらいいな。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/28 00:43 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

「弱いことは罪?」そうは思わないけど、「弱い」自分は役に立たない

一ヶ月くらい前から、処方が少し変わりました。
長い間飲んでいた薬を減らし、別のものが加わりました。
変わって一週間目の日から、離脱症状のようなものがあらわれたので、
自己判断で以前の薬の量を増やしました。
その影響なのかどうなのか、最近は精神の均衡が崩れやすくなったようで
自分でも持て余すことがあります。

ずっと仲良しでいる友だちのうちのねこが、今、死に瀕しているという
連絡がありました。
それが一昨日の朝方。
その子は、来月一歳のお誕生日を迎えるのです。
まだ子ねこです。
今月初めに行った去勢手術の麻酔の影響で心疾患を起こし、それにともなって
肺水腫を発症したと。
手術は日帰りで済み、帰宅後は普通にしていたそうです。
それが、12日あたりから呼吸が苦しそうになり、レントゲンを撮ると心臓が肥大し、
肺が白くなっていたと。
病院で集中治療を受けていましたが、医師に
「もう長くない」
と言われ、せめて最期は自宅で……と連れ帰ったそうです。

その子が彼の家に来る前、そこには別のねこがいました。
元ノラちゃんでしたが、甘えんぼで優しくてとってもいい子でした。
でも、生まれつき身体が弱かったその子は、八ヶ月の時に死んでしまいました。
今回の子と同じ病院のケージの中で。
わたしは、自宅で看取ってあげることができなかったのはすごく辛かっただろうと、
その想いを伝えたことはありません。
でも、一昨日の彼からのメールには、
「○○はどこかわからない場所で一人で旅立ったから……」
とあり、やっぱりそのことはずっと想っていたんだな、と彼の悲しみが
ストレートにわたしの胸を衝きました。
とてもとても、痛いのです。
胸が痛んで、呼吸も苦しくなります。
何かをしようと、そんな気力も湧いてこない。

まだまだ弱すぎるのです。
「強くなりたい」
とは、このブログにも書いたことがあったかもしれません。
「なりたい」とは、何度も思っているのです。
でも、その方法がわからない。
どうすればいいのか。

『弱いことは罪だ』

と言った人がいます。
わたしは、この国のこんな現在で生きてゆくことだけでも大変だと想うことが
あります。

弱いことが罪だとは思いません。
でも、確実に言えるのは、弱いわたしは役に立ちません。
友だちのねこが苦しんでいると知って、自分のやるべきことに集中することさえ
できずにいます。
わたしがここでこうしていたって何もならないのに。
わたしがやらなければいけない、考えなければならないことはたくさんあるのに。
一緒に悲しんで、一緒に祈ることはもちろんしています。
何よりも、そのねこが
「まだ生きたい、生きたい」
と必死に頑張っているのです。
でも、一緒に悲しんだり祈ることは、「優しさ」とは違う。
自分の立ち位置すら守れずに、他者の苦痛や悲しみを受容できるなど、
思い上がりも甚だしい。

弱い自分を憎んでいます。
弱い自分はいりません。

[タグ未指定]
[ 2010/11/18 21:34 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

マキャヴェリズム……というよりも、もっと幼い気がするが

ゆうべ調べ物をしていたら、マキャヴェリについての記述がでてきて
思い出したことがあります。
母が生前、わたしの知人に
「あなたにマキャヴェリと同じものを感じるから」
と言って、塩野七生の『わが友マキャヴェッリ・フィレンツェ存亡』という本を
あげたことがありました。
当時のわたしは、「そういえば2パックがマキャヴェリに改名したっけ」
と思ったくらいで、マキャヴェリと知人との共通点について考えはしませんでした。
やっぱり、あの母はすごい。
その知人と母とは、何回も会ったことはなかったのです。
それなのに彼の本質的なことを見抜く……というよりは「感じとる」ことが
できたんですねぇ。
いやー、つくづく敵に回したくない人でした。娘でよかった。

それはさておき、マキャヴェリズムと同義語の項に
権謀術数という四字熟語があり、その意味を読んでみてびっくりしました。
まるで「あの人」のことじゃないか!
そのまんまじゃないか!



権謀術数

人を巧みにあざむきだますためのはかりごと。
主に社会・集団において物事を利己的な方向へ導こうとするための技法の総称。

権謀術数は、集団内における自身の地位・評価を高めるために、主に話術によって展開される
場合が多い。日常の会話や主義主張を述べる際、自己の利益につながる情報を織り交ぜ、聞き手
からの印象をいかに変化させるかという行為が該当すると思われる。

この時織り交ぜる情報は事実に基づいた情報である必要はなく、
虚実や他者の悪評・誇張など、利己的な情報であれば
その真偽や適正は無関係である。


要点は、いかに相手に情報を信じ込ませ、その情報を刷り込むかの一点である。
その為、権謀術数を用いる者は愛嬌・相鎚・大げさな身振り手振り・はっきりとした
口調・笑顔等を駆使し、好印象や強い印象・信頼を相手に刻もうとする



いい印象が話し手に付加される事で、聞き手はその内容を真に受けやすくなる。
こうなると、話し手は利己的な情報を聞き手に受け入れさせる事が容易になり、
話し手に都合のいい行動へと誘導される事になる。詐欺師の騙しの技法は
その例と言える。

権謀術数は他者から自分への評価を高めたり、排斥したい他者を陥れるのに用いられる。
また、責任追及を回避する事にも使用される。


(以上Wikiより引用。アンダーライン、太字は春原が設定しました)


う~~ん。
まいった。
あの人の80パーセントはこれで形成されているのでは……?
そんな人がいるのです。
適うわけはないさ。

で、残りの20パーセントは? 幼児性……だと思います。

[タグ未指定]
[ 2010/11/16 00:36 ] 濡木痴夢男 | TB(-) | CM(-)

緊美研別会

6日(土曜日)、初めての緊美研別会を開くことができました。
参加してくださったみなさまからは、色々なお話を伺うことができ、
わたしにとっては、とても有意義な時間を過ごすことができました。

古い緊美研通信の「おたより」のページを熱心に読んでいらした方、
過去に会員さんが撮られたモノクロ写真に見入っていた方、
緊縛に興味を持ったきっかけや、その年齢など、
みなさんそれぞれに色々な経験をされ、人とは違う嗜好に悩んだこと、
同じ趣味を持つ人と出会えたときの喜びなど、もっと聞きたいと思う内容ばかりでした。

緊美研の例会についても、今後はどうしてゆくのがベストか……など、
多くの方が考えてくださっていることに感動しました。

同じものを求める者どうしが、同じ場所で同じ想いを共有できる、
或いはそれぞれの胸の中にいくつもの違うシーンが描かれる。
過去と現在をつなぐもの。
自己とそれ以外を包み込むもの。
言葉ではとうてい表すことの出来ない異空間で、
ナルシシズムに浸りきることのできる場所。

緊美研とは、そんなことも含んで、果てしなく限りない、宇宙のような楽園です。

[タグ未指定]
[ 2010/11/09 02:46 ] 緊美研 | TB(-) | CM(-)

6番のルルベで1時間半……ここではないどこかへ

ここではないどこか

砂漠の中 ビルの谷間 オーロラの真下
ジャングルの奥地 氷河 海の上 
宇宙の果てまでも
一瞬で連れて行ってくれる

ベンジーのぶっ放す音が たまらなく好き
揺れる髪が好き
指の動きがすき

ポアントに履き替えればよかったっていつも思うのに
いつも忘れちゃう

指先が凍えるほどだった
頭がくらくらして
倒れちゃうかも知れないって
そう思った

[タグ未指定]
[ 2010/11/08 23:58 ] 日常 | TB(-) | CM(-)

「国ヲ守ル家(クニヲマモルケ)」のお父さんがいません

「菅やめろ」
きのう電車に乗り、席についたとたん、目に飛び込んできた文字でした。
向かいに座っていた男性が広げていたスポーツ新聞の見出しです。
他の座席を眺めてみると、何箇所かに
「菅やめろ」の太くて大きい文字。
駅売店の新聞スタンドにも、地下通路の売店にも、あちこちに
「菅やめろ」
「菅やめろ」
「菅やめろ」
「菅やめろ」

本人がこの光景を見ることはないのでしょうが、今までにも同様の記事などは
何度も見ています。
「菅やめろ」の下には、「大企業は大黒字に」と。
そして「それで景気は良くなるのか……」。
景気問題以前に、日本は日本でいられるのか。わたしはその方が心配です。
三歳未満児の子ども手当てを増額するそうですが、一体いま三歳未満の幼児たちが
成人する頃、日本はどうなっているのでしょう。
その子の国籍は「日本」なのでしょうか。
17年後の日本・・・
想像したくないです。

国家を一つの家族として考えるなら、総理大臣は「お父さん」です。
自分の家庭が経済的に困窮していて、病気の親がいて、仕事のない息子たち・娘たちが
何人も困っているのに、お隣の家にお金をどんどん渡すお父さんなんていますか?
それも、息子・娘が一生懸命アルバイトして稼ぎ、
「うちを良くするために使ってね」
とお父さんに預けたお金です。
「やめろ」
と言われるのは当然です。
「冷静な対応」ってなんですか?
きちんと家の事情をお隣に伝え、自分の家族を守ることが大事だと、
そうハッキリいえないお父さんなんていりません。


日本は、いつからこうなってしまったのでしょうね。
「家族あわせ」に喩えると、
『国ヲ守ル家のお父さんをください』
『アリマセン』
『ありません』
誰もお父さんのカードを持っていないのです。
お父さん不在の家庭。
お母さんと子どもたちと年寄りたちは、いつまで不安なまま過ごせばいいのですか。

[タグ未指定]
[ 2010/11/03 20:44 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

不幸を自覚できると落ち着く…という癖

悪い出来事や、辛い出来事……そういった不幸を望んでいるわけじゃない。
でも、普通ではないようなことが起こり、それらは当たり前のことなのだと、
そう思わなければ生きてゆけないと自分にそう言い聞かせたとき、
それでも
「『生きてゆけないなら、無理して生きなくてもいいのに』」
という自分がいて、
だから、不幸な方が落ち着くのだと感じることがある。
きっと心の深い深ーい奥の方で、幸せを怖れているのかもしれない。
幸せだと思える状態だと、なぜかとても不安になる。
なにが幸福でなにが不幸かなんて、答えをみつけたいわけでもない。
というより、見つかるわけはない。見つかる筈なんてない。
形ではないもの。
目には見えないもの。
同じものを大切に胸に抱いていても、その腕の中身が幸福なのか不幸なのか、
どう感じるかはその時次第で違うから。
だから、
「私にとってのシアワセはコレ」とか
「あなたも必ず幸福になれます」
なんて言う人は、すごくイヤ。
信じることと期待することは違う。
ぜったいに違う。

[タグ未指定]
[ 2010/11/03 01:41 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -