スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション”悲願”

6月9日に沢戸冬木さんの撮影が行われたのは、みなさまもちろんご存知かと思います。
その日、スタッフとして参加してくださったライターの井上文さんが、「Webスナイパー」に撮影のレポートと感想などを掲載してくれました。
写真も多数紹介されており、何よりも「沢戸冬木」という女性の人間的な魅力を、存分に味わうことのできる記事だと思います。
サイドの一番上、「撮影レポート」の「Webスナイパー」バナーよりご覧下さい。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/06/27 23:27 ] 緊美研 | TB(-) | CM(-)

思いのほか…

受けたダメージは大きいです。
マイケルジャクソンが亡くなりましたね。
ずっと好きだったので、なんとも言えず…
悲しいというか、つらいというか、喪失感が大きいというか、
他の誰が亡くなったときとも違う気持ちだと思います。
マイケルが死んだなんて、遠いところのニュースだし、今までもデマが多かったし、
にわかには信じられませんでした。
今朝起きて、PCをつけるとヤフーのトップにその見出しがでていました。



不快な方もいらっしゃると思いますので、あとは閉じておきます。

[タグ未指定]
[ 2009/06/26 20:31 ] 日常 | TB(-) | CM(-)

夏至

昨日は夏至でしたね。それなのにカボチャを食べました。
一年でいちばん日照時間が長い一日……といっても、梅雨の時季と重なってしまうので、
冬至のように意識することはありません。
一日中雨が降っていたので、家から出ずに遅いお昼ごはんにクロワッサンを作ってみました。
オーブンに入れる前、成形後の写真は蛍光灯の下で撮ったせいか、キモチワルイ色と質感になってしまったので、これは焼き始めてから十五分後の写真です。
ターンテーブルが回っているので、ブレてるクロワッサンがかわいい!でしょ
20090622021835bf7.jpg

家中がいい匂い!
パン屋さんの前を通ると、その美味しそうな匂いに、よく「パン屋さんのうちに生まれたかった」と思ったものですが、昨日は私の家がその匂いでした



200906220218480f9.jpg

できあがり。
ちょっと大きかったけど、サクサクでとても美味しかったです。


先日の
「『マニア』という呪文」の記事に田端さんから頂いたコメントの返信に、
「誠実でありたい…」
と私が書いたことについて、ある方から非公開でコメントをいただきました。
『誠実』というタイトルで、例を挙げてご自分の体験などを書いてくださったのですが、
「仕事に対する誠実さ」を、改めて考えるよい機会を与えてくださいました。
ありがとうございます。
私の「仕事」と、私の思う誠実さについては、また次回書かせていただきたいと思います。

[タグ未指定]
[ 2009/06/22 23:51 ] 日常 | TB(-) | CM(-)

『マニア』という呪文

先週、あるトレーディングカードを久しぶりに「大人買い」しちゃいました。
300枚ほどを一度に買ったのですが、レアカードは一枚しか出ませんでした。
別のカードでは、どこのデパートの売り場は激レアが出る確率が高いとか、オフィシャルのショップでは逆にザコカードしか出ないとか、いちじは都市伝説のような情報に振り回され、遠くまで買いに行ったりしたこともありました。
それは私が大好きなカードで、今までに集めた数は一万枚を超えています。もう本当に大好きです。そのカードについては、詳しい人と話していると楽しいと思える程度の知識もあると思っていますが、私は、自分をカードのマニアだとは思っていません。思いたくありません。

昨日、ある男の子ふたりが「ドラゴンボール」のマニアであると、お互いに
「これは誰のなんというワザか」を、アニメのシーンを再現しながら相手に質問していました。
(二人ともとっくに成人している大人です)
アニメのシーンを再現…ということは、そのキャラクターの動き、顔の表情、ワザを出すときのセリフなどを忠実に演じるのです。いい大人が悟空になりきって、スーパーサイヤ人になりきって、本当に楽しそうにキャッキャと遊んでいるのでした。

ガンダムでもエヴァでも、ハルヒでも電王でも、それが大好きで大好きで、ものすごく詳しくてグッズを大量に集めたり、知識が常軌を逸しているとおもえるほどもの凄かったり、フィギュアを自作したり、限定品を買うために炎天下でも厳寒期でも何時間も並んだり、「マニア」と呼ばれる・自称する人たちは「自分の趣味」のため、そこにのめりこんだ自分の欲望を満たすためなら、興味のない他人から見れば「アホ」のようなことでも嬉々としてこなします。
でも、そういった「マニア」たちは、他人にどんなにバカにされようと、自分の好きな道のためなら傷ついてもすぐに立ち上がってまた歩き出します。
そして、無関係な人たちに迷惑をかけたりすることはありません。
それは、自分たちは「マニア」であるという、世間からはダメ人間だと見られているということを特権意識とし、それが彼らのステイタスになっているからではないかと思うのです。
まあ、いまの世間的には、そういった人たちのことは「ヲタク」という蔑称で括られているようですが……。

私が以前住んでいたマンションから引っ越すことになったとき、不二企画は、緊美研ビデオをそれまでの通販のみから書店に卸すという「業務拡大」の時期でした。
当時スタッフではなかった私は、資金不足で事務所を借りられないというカメラマンの相談を受け、
「それなら、私が出たあとのこの部屋を使ったらどうか」と提案し、『不二企画』が本格的に動き出したのでした。
その時から私はスタッフに加わり、元・住居であった不二企画の事務所で仕事をしていると、「マニア」を自称する人たちから、日に何度も電話を受けたのです。
そのころはいくつかのSM雑誌に広告をだしていましたので、特に緊美研が好き、濡木先生の縛りが好き、という人以外の方にも、事務所の住所も電話番号もすぐに知られてしまいます。
イタズラ電話も無数にありました。
電話を取ってすぐに、明らかにイタズラだ、セクハラだとわかるような内容ならまだよいのです。
タチ(性質)が悪いのは、
「マニアなんです」
と、やたらと自分の権利を主張する人たちでした。
「マニアなんですけど、あなた縛られるの好きなんでしょう?」
「マニアなんですけど、『縛ってください』と言ってみて」
「マニアなんですけど、いまから濡木先生にあえますか?」
「マニアなんですけど、『切腹大好き』って言ってください」
その他、もう数えきれないくらい色々なパターンで
【「マニアなんですけど……」攻撃】を受けました。
そりゃあハイダメージですよ。
何しろ電話だから相手の顔が見えない・どんな人なのかわからない。
本当にマニアの人の切実な要望なのか、なんなのか…。
でも、
「マニアなんですけど」
と言えばどんなわがままも自分勝手も通るというのは、ものすごい勘違いだと思います。
「マニア」ってなんですか?
自分の趣味ですよね?
自分の欲望のためですよね?
誰かのためじゃないですよね?
それを自分で言って、相手のことも考えずに強引になにかを要求するのって、間違っていますよ。
事務所に、いきなり訪ねてくる人も何人もいました。
「マニアなんですけど、あなたと話がしたいと思って」
いや、アポくらい取ってくださいよ。常識ですよ。社会人として。
新宿に事務所があったころは、私一人でいることが多かったのですが、事務所なのにいつも鍵を閉めていました。
宅配便の集荷の人には、普通の会社は鍵など閉まっていないので、いちいちインターホンを鳴らしてもらって申しわけなかったです。
一応オートロックのマンションでしたが、
「いま下にいるんですけど、開けてもらえませんか、マニアなんですけど」
と言われるときの恐怖ったらありません。
暗くなってから一人で事務所を出て、下で待ち伏せされていたこともありました。
「マニアなんですけど」
この言葉は、私にとっては恐怖の記憶です。
「マニア」という呪文を唱えればどんな要求も押し付けていいと思っているような人は、
緊美研には絶対に来ないと思っています。
マニアだと自分から言う人は、本当のマニアではないと、私は思っています。

[タグ未指定]
[ 2009/06/16 22:01 ] 日常 | TB(-) | CM(-)

家族の死体

風邪ひきロボさんへ
(コメントのお返事として書きはじめましたが、なんだか長くなってしまいましたので記事にしちゃいます)

偶然です!
私も弟の死体と少しの間過ごしました。
死後四日くらい経って、ほんの少し右目のあたりが赤黒く脹れ始めていましたが、体は全部きれいでした。
死んでしまった人は、分類としては物体なのかもしれません。
ロマンチックではありませんでしたが、かえって生きていた時よりも、子どもの頃の濃密な時間を共有した姉弟としての想いから、感慨というか溢れてくる様々な感情は濁流のようでした。
弟が死んで、先月で七年経ちましたが、いまでも笑顔を思い出しますし、好きな食べ物を買って帰ろうかと弟が生きているように錯覚することもあります。街で弟と似ている人が向こうから歩いてきたりすると、その場でしゃがんでしまうほど苦しいときもあります。
確かに死体それ自体は物体というものですね。
でも、弟の肉の唐揚げを食べられるとは思えません。
骨は食べましたよ。小さな骨片に歯を当てて、ガリガリ君を食べるときのように前歯で削って食べました。口の中でジャリっとする感じは、アサリの殻の中に残った砂のようでもありましたが、不快ではありませんでした。口内の粘膜によく馴染んで飲み込みやすかったです。

また、母が死んだときは、その死体に寄り添って寝たり、死体と並んで写真を撮ったりしました。
医大の献体に登録していましたので、翌日にはすぐ搬送されてしまいました。「感慨」に浸るヒマもないほどでした。
母の死体はとても可愛らしく(すごく綺麗な人だったのです。似たかった(>_<)!)、頬やおでこを撫でたりしてずっと一緒にいたかったです。
医大の人が棺を持って迎えにきたのは、死んだ翌日のお昼前でした。
死んだあとのために自分で用意した白いシルクのパジャマを着て、母の小さい体はそこに納まりました。
体がなくなったあとの母の部屋のベッドの上は妙にがらんとしていて、死体でもいいからずっとそこに在ってほしかったな、としみじみ思いました。

風邪ひきロボさんのように、「鶏肉と同じ」と思えるようになれば、あるいは抗鬱剤を飲まなくても生きてゆけるようになるのかも知れません。
私も強くなりたいです。

[タグ未指定]
[ 2009/06/09 02:40 ] 日常 | TB(-) | CM(-)

シートベルト

車に乗っているときにシートベルトを締めるのは決められていることですが、
今ではタクシーの後部座席に座っていても、シートベルトの着用が義務付けられたんでしたっけ…?義務ではないのかな?
「あなたの安全のためにシートベルトをお締め下さい」
という音声が流れるけど。

シートベルトは好きではありません。
まあ、義務ですから好きも嫌いもないのですが、あれを締めていて、万一その車が事故を起こした、あるいは事故に巻き込まれたとき、強烈な衝撃でシートベルトが自分の体を切り裂くようなことがあったら、あんな太いベルトで裂かれたお腹は、決して美しくないと思うからです。

「ぼくは美しく死ぬために生きています」
と言っていた人がいました(本当に綺麗な人なので、言っても許されると思います)。
それは死体のことだけではなく、その状況や方法、その他、その死に関わるあらゆることを指しているのだと思います。
死んでしまったら当然その自分の死体を見ることはできませんが、それでもやっぱり生きているいまは、自分にとって理想的な死体でありたいと思うのです。

[タグ未指定]
[ 2009/06/08 03:59 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)

ウエスト縛り

前回の緊美研例会で、私が濡木先生に「三分間だけ」縛ってもらったときのことです。
ウエストに掛けられた縄に体重を預けるように、ぶら下がるようにしてこっそりと楽しんでいたのですが、
後日、参加された方から
「自分から縄に寄り掛かっていましたね」
といわれました。
やっぱり会員さんはよく見てる!と感心したのですが、
私は以前からウエストに縄を掛けられたときには、そこにできるだけ体重をかけて
縄がお腹に食い込む感じを味わうのが好きでした。
このブログの最初のほうに『初めての緊美研』という記事をかきましたが、
あの時もウエストに深ーく食い込む縄が、皮膚をやぶってくるのではなく
強引に皮膚(私の外側)と「一体化」し、ずぶずぶゆるゆると侵食して内臓の一部になってしまう…
あるいは吊られた部分から、私が激しく動いた拍子にお腹が裂けて骨に縄がかかったまま
梁からぶら下がっている…
そんな自分の様子を想像していました。
私はコルセットのように「面」で絞るのではなく、細い縄で絞られるほうが好きです。

以前、あるバンドのPVに出演したとき、下着姿で踊る(ダンサー?)という役割りだったのですが、
メイク中、一緒に出ていた女の子がスツールに腰掛けて髪をいじってもらっている私の後ろから、
「こんな小さいところに臓器がぜんぶ入ってると思うと気持ち悪い」
と言ったのです。お菓子を食べながら。
確かにその頃の私は体重が40キロもなく、いまよりも細かったのですが、
その「臓器」という単語が、そして「キモチワルイ」としみじみ言われたことが、
逆にものすごくエロチックな感じでした。
そっかー。
ここに臓器が入ってるんだ。
腰に手を当て、腎臓のあたりを手のひらで温めるように撫でたりしました。

つづく…?

[タグ未指定]
[ 2009/06/07 01:37 ] 緊美研 | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。