どうして陰毛をなくしてしまうのか

前回のブログを書いてから、気が付くと陰毛のことを考えている。
プランターに如雨露で水遣りをしながら。
卵白を泡立てながら。
お皿を洗いながら。
そして、姫ちゃんのお腹を撫でながら。

指先が柔らかい体毛に埋もれている感触は、
頭がぼうっとするほどに気持ちがよい。
たっぷりと空気を含んだホイップクリームと錯覚してしまうような、
どこまでも柔らかい、柔らかすぎる猫のお腹の毛。
その下の、薄くて温かくて、そしてやっぱり柔らかすぎる皮膚。
どうして、こんなにも危ういほど柔らかいものが、
無防備に投げ出されているのか。
そんな想いに囚われると、切なくて少し哀しくなるのだ。

陰毛を除去する女性には、それぞれの理由や都合、あるいは思いがあるのだろう。
「子どもみたいで可愛いから」
「彼氏の好みだから」
「肌がきれいに見えるから」
「ギリギリまで映すことができるから」

古い友だちに、
「毛が大っ嫌いなの」
という人がいた。
いつも股間をツルツルにしているのがいいのだそうだ。

確かに、陰毛のない白い肌から始まる亀裂は、
可愛らしいと思えるし、あるいは陰惨に見えたり、残酷な感じがしたりと、
大人の女性の身体に本来あるべきものがない、というだけで
身体改造に近い、人工的な残酷さを含んでいるようにも見える。
白くなめらかな、幼女のような恥丘。
でもそれは本物の幼女のそれではなく、
表面に加工を施したものだ。
そもそも幼女の恥丘とは、大きさ(面積)が違う。
あの、ぷっくりと膨らんだ白くすべすべとまあるい肉は、
わたしがよく口に含む、猫の掌球のようなイメージなのだ。
大人の口の中に、まるごと全部収まってしまうほど小さく頼りない
幼女の恥丘は、駄菓子屋にあったさくらんぼ餅のように、
懐かしい憧憬として眼裏に浮かぶ。

自分の股間を見て、そんなノスタルジックに浸る人がいるのかはわからないが、
失われたものを取り戻そうという気持ちが働く場合もあるのかもしれない。
それでも、ぴっちりと閉じ合せた脚を少しでも緩めれば、
そこは徐々に、皮膚と粘膜の混じり合ったような色に変化してゆくし、
そのもっと奥の成熟した女性器は、幼女のそれとは全く違う。
白い恥丘から赤い粘膜へ。
その十数センチの器官に、幼女から大人の女性へと変化する
悠かな時間を閉じ込めて、自身の身体を味わい尽くそうとする、
ナルシスティックなエロチシズムを感じてしまう。

明日もまた、気が付くと陰毛のことを考えているのだろうか。
他にたくさん考えなければならないことがあるというのに。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/05/11 02:51 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

《冬苺 その一粒を食べ余し》  さよなら、まま。

一年前に脳梗塞を患い、昨年の初夏から急激に認知症が進行した、ある人の母。
彼女は連れ合いと二人で住む都内のマンションから、実家のある埼玉まで毎日通った。
広い一戸建てに独りで暮らす母と夜を過ごし、朝にはマンションに帰って自分の家のことをする。
そして午後にはまた、電車に揺られて遠い実家に出かけていた。
毎日。毎日。

彼女は美人で頭がよく、センスもよくて仕事のできる人だ。
美しく清潔で、気丈な人。
料理も掃除もなんでも上手くて、感情的にならない人。
でも、ふと思い立って一人でギリシャやエジプトに旅に出るような、
そんなところも魅力だった。

弱音を吐かない、愚痴を言わない。
そういうことは美意識が許さないとでもいうように、
他人に見せることは一切ない人だった。

秋になると、いよいよ症状が深刻になった母親の介護のため、
彼女はマンションを売却して実家に引っ越していった。

認知症は、本当に悲しいことだと思う。
きれいでやさしくて、何でも出来て大好きだったお母さんが、
とても見ていられないような姿になり、
耳を塞ぎたくなるようなことを言う。

まともに睡眠を取ることもできなくなっていた彼女は、
心身ともにギリギリの状態だった。

認知症の人も受け入れるホームへの入居は、突然に決まったらしい。
自分のことを娘だとわからなくなってしまった母親に
なにをしてあげられるのか。
ずっと考えていたという彼女は、
ホームへ母親を送っていき、自宅に戻ってひと息ついて、
もう母に起こされることはないのだと実感した時に、何を想っただろう。


冬苺 その一粒を食べ余し

大木あまりが「母危篤」のときに詠んだ句。

わたしの母は、冬の初めに亡くなった。
認知症にならなかったのは、本当に幸いだった。
尊厳死を望んでいた母は、自分の足で立てなくなった翌週、
食べ物を摂らなくなった。
訪問の看護師に尊厳死の意志を示し、理解を得た。
自宅の自分の部屋で、最期まであの人らしく生きた。
自分の足で立てなくなるということは、
誰かに「下の世話」をされてしまうということだ。
それが嫌で、母は自ら「餓死」することを選んだ。
どんな苦痛があっても、わたしたちに当たったり暴言を吐くことは一度もなかった。

「車椅子でお散歩にでますか」
という看護師に、
「綺麗な記憶がたくさんあるから、ここで目を閉じていればいいの」
と笑っていた母。

死体でもいいから、ここに在ってほしい。
母が息を引き取ったあと、心底そう思った。
翌朝、献体のために母の身体が運び出されたあと、
もう二度と戻ってこない人を想った。

さよなら、ママ。

認知症のホームへ送り出すことは、もしかしたら
それと似ているかもしれない。
彼女の母親が、生きて家に戻れることはおそらくないだろう。
一人の時間に彼女が何を想うのか、心配でしかたがない。

窓の外の桜のつぼみが膨らんできて、
猫たちが開花を楽しみに窓際でひなたぼっこをしている。
この桜を楽しみにしていた母を
急に思い出してしまった。
何年経っても、まだ会いたいと思う。
もういちど会いたい。
小さな骨を手のひらで弄んでみても、
それでも思う。
ママに会いたい。
ママに会いたい。

[タグ未指定]
[ 2017/03/15 00:00 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

何度も死ねるなら

今日、スタッフみるくと「死ぬこと」・「死に方」について語りました。

誰にでも必ず訪れる死。
でもそれが、一回だけじゃなくて、何度か経験できるとしたら・・・

どんな風に死にたいか、ではなく、「誰に」「どんな方法で」殺されたいか
わたしたちは、大興奮で夢中になって話しました。


◆蓮華に斬り殺されたい
コミック「蓮華」の主人公・蓮華の仕掛けの腕に握られた刀で斬られると
「痛みさえも感じずにそこにいけるという」
◆「やあ悠理、ゲームをしよう」
映画「SAW」のジョンにゲームを仕掛けられ、身体の一部を少しずつ失いながら
壮絶な苦痛と絶望の中で絶叫しながら息絶えてみたい
◆だざあ(太 .宰)の拷問によって人格崩壊しながら
アニメ「文豪ストレイドッグス」の太、宰(CV宮野真守)。マフィア当時の太、宰に拷問にかけられ、
蔑まれながらゴミのように扱われて死んでいきたい

その他にもいくつかの状況をそれぞれが出し合い、
とても正気とは思えないような「希望」がぽんぽん飛び出す中、
究極的に……いえ、もう宇宙のどこを探してもこれ以上ないっていうくらい
甘美で切なく、激しく哀しく、もう言葉などでは決して表せないような、
そんな妄想に取り憑かれ、その後は仕事になりません。
ふたりで息が荒くなり、指先が痺れて心臓もバクバク。
まるでアナフィラキシーショックのような、体感的にはほとんど瀕死になりました。

それは一体、どんな妄想かというと・・・
わたしの最愛の王子(ねこ)は、見たことのある人ならわかりますが、
すごく美形なんです!
雑種ですが、顔はもちろん全身が、輪郭やパーツの配色や形などなど、
とにかくすべてが美しい。
飼い主の欲目もあるかもしれません。
猫が嫌いな方にとっては、忌々しいことかもしれませんし、
猫と一緒に暮らしているかたにとっては、
ご自分の猫さまの方がずっと美しいと、そう思われるかもしれません。
でも!
わたしの王子は本当に美しく、男らしく、性格がカッコいいのです。
その王子の立派な牙で、喉を裂かれて死にたいと、そう思いついてしまったのです。

わるいひとたちがやってきてみんなを殺した(Blankey jet city わるいひとたち)
の歌詞のように、どこかの国の人たちが侵略してきて、
「女たちは犯され 老人と子どもは燃やされた」
じゃあ、みるくは犯されてわたしは燃やされるんだ!
と、そんな時、敵に殺されるくらいなら、と
わたしの王子が! その牙で!
喉に噛み付いて殺してくれると言うのです。
王子を抱いて首をのけ反らせて喉をさらし、
目を閉じてその時を待ちます。
王子の息が首にかかり、鋭い牙が喉に食い込んできます。
王子の白いお手手とお胸はわたしの血で真っ赤に染まり、
王子をおいて先にいくなんて、最後まで愛してあげられなんて、
と泣くわたしに、「心配すんな。俺もすぐにいくから」と微笑む王子。
こうして書いていると、また指先が痺れてきて危険なのでもうやめます。ハァハァ

でも、何度も死ぬ瞬間を味わえるなら、
わたしは激しい痛みや苦しみに苛まれてみたい。
その時に自分が何を思い、何を考えるのか、
怖いけれど知りたいです。

そして、死を想うことは縛られることと似ています。
わたしたちは、縛られるたびに何度も死んで、
死んでは生きて、また次の死を夢みて、その時まで生きるのです。


いつか、「切り刻まれた死体」になった写真を撮影したことがありました。
010.jpg


その相談の時、カメラマンは
「切るヤツは、ストイックでイカれてて、痩せてる男がいい。
そうすると俺しかいないんだよな」と言いましたが、
わたしは彼が痩せているとは思ってなかったし、
そんなわたしを切り刻んでいいのは、「あの人しかいない」と思う人がいました。
それは、当時東京グランギニヨルで活動していた聡ちゃん。
斉藤・ホセ・聡介さんてす。(画像は聡ちゃんのブログより拝借)
そうちゃん
聡ちゃんが「メスより切れる」レザーを握って、
コンクリートに横たわるわたしの身体を
少しずつ切ってくれるのも、味わってみたい死に方・殺され方の一つです。
でも、聡ちゃんに縛られたいとは、思わないなぁ・・・(笑)

[タグ未指定]
[ 2016/12/20 01:20 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

緊美研とバンド幻想

【第一回・奈加あきらの緊縛美研究会】一週間後に迫りました。
奈加さんと杉浦さんは、今ボルチモアに遠征中ですね。
帰国されてすぐの開催ですが、時差ボケで体調を崩されないか少し心配です。




春原悠理404
わたしが緊美研に初めてモデルとして参加したのは、
もう30年近く前のことです。

それから色々あって、知らず知らずのうちにスタッフになり、
’89年には、わたしの友だちの女の子がカメラマンの助手として合流しました。
彼女とは、もともと同じバンドが好きで一緒にライブに出掛けたりしていて、
緊美研のことをバンドに喩えて話すことが多かったです。
バンドとは、もちろんロックバンドのことで、
まだ若かったわたしたちは、
「同じ夢を共有する者たちの集合体」
として緊美研を捉えていました。
そこでは「やりたいことのぶつかり合い」があります。
それは、みんなでいいものを作っていこうとするなら当然のことで、
そうして高めあってゆくのは楽しいことでした。

「俺は天皇だ!」とスタープレイヤー扱いされないとぐずり出すせんちゃん(濡木痴夢男)を
立てたりと、噛み合わない部分もたくさんありましたが、
それはそれでやりがいがあって楽しかった。
インターネットが普及していなかった時代のことですから、
「まだ緊美研を知らないマニアにどうやって広めたら良いか」
「素晴らしいモノクロ写真集を出そう」
「伊藤晴雨の世界を映像で再現しよう」などなど、
夢はたくさんありました。
春原悠理259
緊美研ビデオは、もともと商業目的で作られたものではありません。
遠方にいて、毎回は参加出来ない会員のために、
緊美研の記録として例会の様子を収録し、配布していたのです。
だから、「映像が暗い」「人の声(濡木とカメラマン)がうるさい」「ブレたりボケたりしている」
などの良くない感想もたくさんありました。
でも、多くの人からは「現場で見ているように感動した」と
嬉しい評価をいただき、そのスタイルを変えずに細々と続けていました。
春原悠理52
それが、
いつからか……
多分、緊美研ビデオが他の大手SMメーカーの作品と比較されるようになった頃から、
わたしと、せんちゃん&カメラマンの意見が食い違うようになっていきました。

わたしは、「売れる物」がイコール「いいもの」だとは思いません。
売れなくてもいいものはあるし、売れていてもつまらないものだってあるのです。
それでも、アダルト書店に置かれるようになった緊美研ビデオは、
いつの間にかマニアックなこだわりが薄れて、
かといって一般向けでは決してなく、なんとも中途半端なレーベルになってしまいました。
春原悠理568
目指していたのは、なんだったんだろうね。

せんちゃんが作りたかった、
【少数派の美学】という、タイトルだけ決まっていた本があります。
「あります」と書きましたが、せんちゃんとそういう話をたくさんしたというだけで、
実際の原稿になるものは何もありません。

同じ夢を見ていると思っていたことこそが幻想で、
みんなそれぞれ、違うものを見ていたのかもしれない。
ううん、そうではなくて、
見ていたものは同じでも、それぞれの目には違って映っていた。
それが正解なのかも。

でもわたしは、今でも【少数派の美学】を作りたいと思っています。
せんちゃんが作りたかったものと同じではないかもしれないけれど、
それでも、やっぱり、変わらないものはあるのだと信じたい。

今、単純に「SM」「緊縛」と言うと、決して「少数派」ではないと思いますが、
きっと、自分の場所を探し続けている人たちがいると思うのです。
そんな人たちのために、わたしは新しい緊美研を始めようと思いました。
奈加さんとバンドを組むというのはあり得ないかもしれないけど、
わたしも探し続けていきたいです。

誰かの心に響くもの。
誰かの救いになるもの。
誰かの宝物になるもの。

愛をこめて

[タグ未指定]
[ 2016/10/09 12:51 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

若い人でも子宮脱

先日、子宮がんの定期検査に行ってきました。
そのレディースクリニックで聴いたおはなし。

昔の日本人と違い、現代の生活様式では
家事の方法に大きな変化があって、現代人の多くは筋肉が未発達で脆弱だそう。
たとえば拭き掃除。
昔は、板の間も畳も雑巾がけでした。
すすいだ雑巾をきゅっと絞り、床や畳に膝をついてせっせと拭く。
いまでは、学校の掃除当番でも立ったままモップがけをします。

この「雑巾がけ」を実際にやってみると、
きちんときれいになるように拭こうと思ったら、
かなりの力が必要でした。
膝をついて四つん這いになって、
腕を曲げたり伸ばしたりしながら、力を入れてゴシゴシ拭くと、
背中や太腿以外にも、全身の筋肉を使う事が分かります。

このように、現代人の暮らしは
身体をあまり動かさなくても家事ができてしまうので、
女性の筋力はとても落ちているそうです。
そこで怖いお話をされました。

女性の、尿道の辺りから肛門の後ろまで8の字状にある骨盤底筋。
横からの図解では、ハンモック状に外性器から肛門を支えています。
普通に生活しているだけでは、現代人の骨盤底筋は緩んでしまうそうです。
それがどんなことに繋がるのか・・・。
近年、レディスクリニックを受診する若い(30代~)女性にも、
子宮脱の症状を訴える人が増えているそうです。
これは、文字通り膣から子宮が飛び出して、垂れ下がっている状態です。
昔の人のように子どもを十人産んだとか、そんなこともなく、
出産経験のない人までがなってしまうそうです。
わたしの母は、昔そういう御婆さんを何度か見たと言っていました。
銭湯や温泉で、脚の間に赤い内臓のようなものをぶら下げているお婆さんは、
何でもないことのように、それを手で掬い、手で膣内に押し込んでいたそう。
痛みがなければ、そんなこともできてしまうんですね。

それから、尿モレや軟便モレなどもあるそうです。
婦人科の外来では、骨盤底筋を鍛えるため、
看護師さんが膣に指を入れ、
「はい、締めてください」
というリハビリがあるということでした。

ちゃんと身体を使って、昔ながらの家事を取り入れることも大事です。
なんでも時短とか節約家事とか言わず、手間隙掛けてなにかをすると、
やり遂げたときの感動も味わえます。
ということで、明日はフードプロセッサーを使わずに、
玉葱10個のみじん切りに挑戦しようかと思います。


懐かしい写真が出てきました
005.jpg
※機動隊への嫌がらせではありません(笑)

084.jpg
品川のコンテナがたくさんある辺りで撮りました

051.jpg


[タグ未指定]
[ 2016/07/26 02:34 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com