七年ぶりの麻縄

今月4日に開催した「第二回・奈加あきらの緊縛美研究会」。
カメラマンの佐藤恵里沙さんから、当日の画像をいただきました。
その写真は、のちほど「緊美研写真館」ブログにてご紹介していきます。
冬木さんと涼さんとは違い、わたしにとっては7年ぶりの縄でした。

今回も、奈加さんからはとても興味深いお話が出ました。
「「縛り手」「受け手」という言い方が嫌い」
参加者の女性で「わたしも嫌いです」と言う方がいましたが、
わたしもずっとそう思っていたので、なんだかホッとしました。
この「縛り手」「受け手」に限らず、変な言葉は多いです。
一体、誰が言い出して、いつからみんなに使われるように
なったんでしょうね。
こういったお話の時間も、ビデオに収めてあるので、
そのうち編集してまとめようと思っています。

そうそう。七年ぶりだったということを書こうと思っていたのです。
2009年に三回開催した緊美研。
その三回とも、わたしもモデルをしたのです。
一回目は予定してはいなかったのに、
せんちゃんが突発的に「五分だけ縛らせろ」と言って、
ジーンズをはいたままでほんの短い時間だけ、縛られました。
二回目と三回目は、残念ながらある会員さんの要望どおりの
衣装と縛り方を実践したので、
わたしにとっては、あまり嬉しくも気持ちよくもない縛りでした。

そしてそのあと七年間、一度も縛られることなく生きてきたわけです(笑)。
終わったあと、奈加さんに感想を訊かれましたが、
とてもその場で答えられるはずはありません。
ものすごく緊張していたので、じっくりと麻縄を味わう余裕もありませんでした。

本当は、奈加さんの縄の色々を感じたかった。
匂いや表面の感触、縒りの硬さ・柔らかさ、密度、
それからヒトアブラをどれだけ吸い込んでいるか……などなど
  ※「ヒトアブラ」とは早乙女宏美ちゃんの言葉で、
    縛られた女性から出る汗や皮脂、その他分泌物のこと
そんなことを感じながら味わいながら、
縄に酔い、縄になぶられ、責められて、
どこでもない場所と時間を漂いたかったのですが、
なんだか意識がぽーんと飛んでしまったようで、
あまり憶えていないのです。

でも。奈加さんの縄は、奈加さんの縛りは、
わたしにとっては、ただただ優しく大らかで温かく、
何もかもを丸ごと包んで引き受けてくれるような、
そんな安心感がありました。
嵐の海に小さなボートで漕ぎ出して、
ぐるぐる回ったり転覆しそうになったりしても、
わたしはじっと目を閉じて、身を任せていられる。
そんな縄でした。

もっと厳しく縛ってもらいたかったという想いは残りますが、
奈加さんが本当に多くの人に支持され、愛され、認められ、
求められているのが何故なのか、わかったような気がします。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/12/19 04:41 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)

自分の身体は好きですか?

一年中たくさんの通販会社から、色々なカタログが届きます。
ファッション、インテリア、食品などなど。
とてもすべてに目を通せないほどの数です。
下着カタログも、よく送られてきます。
ブラジャーやショーツ、ボディスーツ……。
10代の少女向けのものから、ミセス体型と言われる大人向けのものまで、
たくさんのモデルが半裸姿で一冊のカタログにぎっしり詰まっています。
日本人のモデルは、ほとんど見た記憶がありません。
白くてほっそりした白人女性が、にこやかだったり妖艶だったりしながら、
冊子の中におさまっています。
下着に限らずですが、美しい体型の女性が着けているものを買えば、
自分も同じように着こなせると錯覚してしまうかもしれません。
でもそんなことはなく、誰かと自分は違うのです。
自分は自分。
それは、外見だけではなく内面ももちろんそうです。


近江亜紀さんと北野冬子さんは、
緊美研で濡木痴夢男に縛られた女性の中でも、
もっとも外形的な美しさを持たない二人だったと言えるかもしれません。
その美しさとは、わかりやすい「常識的美意識」で計られる美しさのことで、
例えば小学校の授業参観で、
「お前んちのお母さん綺麗だな」と
隣の席の男の子に言われるような外見ではなかったということです。

初めて近江亜紀さんが緊美研例会に参加したとき、
わたしはまだスタッフではなく、モデルとしてスタジオにいたのですが、
せんちゃん(濡木痴夢男)と一緒に入ってきた亜紀さんを見て、
ちょっと驚きました。
かなりの肥満体のおばさんです。
「緊縛美」を探究する人たちの集まりで、
こんな人でも縛りが好きならいいんだろうか、と思ったほどです。
太ったモデルが嫌いな「長老」と呼ばれる最高齢の会員は、
「俺はデブは嫌いだよ。悠理ちゃんの出番まで外に出て来るよ」
などと言い、亜紀さんはそれをさらりと受け流すように
「あら、嫌われちゃったかしら」とにこやかに応えます。
するとせんちゃんは
「ああ、あの人はほっときゃいいの。年寄りの我が儘なんだから。
もうじき死ぬからね、言いたいこと言わしときゃいいの」
と大きな声で言ってスタジオに笑いを誘います。
わたしは、長老に酷いことを言われて、
亜紀さんが傷ついたのではないかと気になりました。
心の中はわからないけれど、亜紀さんはずっとにこにこしていましたが、
縛られる時が来て、背後に濡木痴夢男が立つと、
何かが憑いた(あるいはおちた)ようにスッと雰囲気が変わり、
とても綺麗に可愛らしく見えたのです。
近江亜紀196
※初参加の日の近江亜紀さん


北野冬子さんが初めて来たとき。
それも緊美研例会の日の朝でした。
いつも新宿の事務所に集合し、
機材や濡木痴夢男の縄や小道具などを車に積んで出かけるのですが、
その慌しい場所に、冬子さんはやってきました。
北海道から飛行機で到着したばかりの冬子さん。
みんなが急いで準備をしているのに、
和室の畳の上に座り、荷物を開いてお土産を出しています。
白い恋人や、六花亭のお菓子など。
せんちゃんはイライラしてきて、それ以上冬子さんに何かさせないよう、
いきなり冬子さんの手首を取って後ろ手に縛りました。
冬子さんは恥ずかしそうに身体をよじったけれど、
まるで予期していたように、抵抗することも驚くこともなく、
ただただ自然に、濡木の縄に身を任せていました。
冬子さんのセーターを捲り上げ、乳首をタコ糸で縛り、
胸とウエストにも縄をかけました。
そのまま、後ろ手のままコートを被せ、徒歩で行ける距離にあったスタジオまで、
歩いて行ってもらいました。
冬子さんも、亜紀さんほどではもちろんありませんが、
いわゆる「おばさん体型」で、太めではありました。
でも、濡木の縄を受けてすぐに陶酔し、恍惚とするそのさまは、
凄みのある美しさを醸し、もっともっと厳しく縛ってやろうと、
濡木のやる気を刺激しました。
tumblr_nozvgq2rie1un7z9ko10_1280.jpg
※全身に蝋燭を浴びせられた冬子さん

一般的な、通俗的な、解りやすい「美しさ」ではなく、
屈折した内面が「縄」「緊縛」「責め」といった「光」を受けた時、
傷ついたり劣等感に苛まれたりした心は、
その傷がたくさんあるほど、屈折したところが光を反射して
プリズムのように美しく輝くのだと、亜紀さんと冬子さんを見て知りました。

そんなわたしも、もちろん「美しい身体」の持ち主ではありません。
緊美研例会でせんちゃんに縛られるとき、何十回も必ず言われた
「貧乳」。
もともと女性的な体型ではないし、
今でも「遠くから見ると男子小学生だね」と言われるし、
短いパンツをはいていれば、
「中学の水泳部の一年男子みたい」と、細かいことを言われます。
それでも、下着カタログの女性の身体を見ては思うのです。
「綺麗なカラダと好きなカラダは違う」のだと。

わたしは、この決して美しくはない自分のカラダが、
けっこう好きだったりします。

あなたは、自分の身体は好きですか?

[タグ未指定]
[ 2016/11/12 23:51 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)

手首と二の腕

緊美研通信の第10号に、「二の腕の秘密」という文章が載っています。
これは当時の会員・横山正(よこやませい)さんが書かれたものですが、
先日、書棚の整理をしていたときに、10号の表紙にこのタイトルを見つけ、
十数年ぶりに読んでみました。
この何週間か、ふと気づくと「手首と二の腕の拘束感」について考えている自分がいたので、
先ちゃん(濡木痴夢男)が「これを読め」と示してくれたような気もします。

濡木痴夢男に縛られるとき、まず手首を掴まれます。
右の手首、左の手首と順番に素早く背後に回され、
重なった二つの手首の下からするすると麻縄が巻きつき、
一つに括られた手首はきゅっと持ち上げられます。
そして余った縄は胸の上を一周し、手首の縄に結ばれます。

この横山さんの文章はとても面白く、
当時の緊美研例会の雰囲気がよく表わされているので、
10号をお持ちの方には、読み返していただきたいし、
お持ちでない方には、コピーしてお渡ししたくらいなのです。

緊美研で縛られるモデルたちが、縄に陶酔するのはどの瞬間なのか、
毎回先ちゃんの縛りとモデルの反応をじっくり観察し、
わたしを含めたモデルたちに聞き取り調査を行い、
ご自身で考察に考察を重ねるうち、閃いたことを書かれています。

「『縛られる』という拘束感は手首で感じ、
『縛られた』という拘束感(緊張感)は二の腕の方が強く感じるのです」

と。
もちろんここに至るまでの、縄や緊縛や濡木痴夢男に対する
横山さんの想いも、やさしく丁寧に書かれています。
確かにそうなのです。
手首をつかまれて縛られた時は、「あっ」という衝撃に似たものが身体を走り、
二の腕を拘束されると、「もうダメだ」というような諦念と、
縄に呑まれてしまいたいという気持ち、
身体も心も、すべてを投げ出してしまいたい感覚、
渦の中に飛び込んで揉みくちゃになりたい想い、
自分自身を痛めつけ、滅ぼしたい欲求・・・
などなど、その時その時で見る世界は微妙に違うのですが、
とにかく、手首と二の腕では「覚悟」が変わります。
でも、この「二の腕の秘密」に、一つだけつけ加えて欲しいことがあります。

『……後ろ手にした手首を縛ります。次に、縄を背中の左側から左の二の腕、
左右の乳房の上部、右の二の腕の順に通して、元の背中に戻ります』
と横山さんは書かれていますが、ただ二の腕の上から縄を回しただけではなく、
巻き縄に垂直に通す留め縄が絶対に必要だということです。
これがあるのとないのとでは、拘束感にものすごい違いが生じます。
緊美研において「拘束感が強い」ということは、
「安心できる」ということでもあるのです。

「よりきつく縛られて安心するなんておかしい」と、
そう思われる方もいるでしょうね。
でも、本当にそうなのです。
奈加あきらさんの緊美研でも、それが証明されると思います。
モデル女性たちの表情からは、一瞬も目を離してはいけないのです。

1473600011632.jpg


わたしは手首をきゅっと掴まれると心臓を鷲づかみにされたような気になります。
以前、あるコンサートに出掛けた時、終了後に握手会が開かれることになりました。
そのアーティストは、千五百人ほどの来場者全員と握手してくれるというのです。
長い列ができ、順番が回ってくるまでに何十分もかかりました。
列が進み、次第にそこへ近づいていきます。
心臓がドキドキして、息苦しいほどでした。
わたしの番になり、その人はにこやかに手を差し出してくれましたが、
わたしは握手を拒んで言いました。
「手が荒れているので、代わりに手首を握ってくれませんか」
その人は少し驚いた顔をしましたが、「はい」と言って、
長袖の服を着た上から、わたしの手首をぎゅう~っと握ってくれました。
息が止まり、頭がくくらしました。
公共の場で、大勢の人が見ている前で、
なんて破廉恥なことを要求したのだろうと、
恥ずかしさと激しい昂揚で倒れそうになりました。
その人はきっと、わたしの想いを解ってくれたのだと思います。
少し意地悪そうな瞳でわたしの顔を見つめて、
ふふん、と笑ってくれました。
いま思い出しても苦しいです。

このように「手首」は、不思議な器官なのです。

[タグ未指定]
[ 2016/09/11 23:24 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)

失くしてはいけない大切な傷

前回の記事に、こんなことを書きました。

緊縛に興味を持つ人は、きっと、
みんな心のどこかに傷を持っていると思うのです。


それは子どもの頃についた傷で、
癒すことも、誰かに治療してもらうこともできず、
記憶の深いところで小さくなって、
普段は忘れているけれど、何かの拍子に思い出してしまったら、
どうしようもないほど辛くて切なくなるような傷。
とっくに大人になってしまった。
もう今さら取り返しがつかない。
このまま気づかない振りをしながら、死ぬまで過ごさなければならないのか。
途方に暮れて、迷子のように彷徨って、
救われたい・癒して欲しいと、辿り着くのが緊美研です。

082.jpg
これは、自分で自分を切り刻んで流れた自分の血

縛られ、吊られ、責められるモデルを
薄暗いスタジオでぼんやりと見つめながら、
自分とモデルが同一化していくように錯覚し、
苦痛に悶え、歪んだその泣き顔を見て、
叱られて物置に閉じ込められた自分を想うのです。
「ああ、かわいそうに。こんな暗いところに閉じ込められて、怖かったね。
もう大丈夫だから、安心して。泣かなくていいよ」
と、手のひらで頬を包んで涙を拭いてあげて、
憐れに痛めつけられた身体をそっと抱きしめてあげます。
そんな妄想をしながら、中年以上の年齢になった男性たちが、
静かに涙をこぼします。
床に下ろされ、縄を解かれたモデルに近づくと、
背中をバスタオルで覆って、痺れた手首や腕をマッサージしてあげ、
肌に張り付いた蝋涙をはがしてあげるのです。
みんな優しい顔でモデルを囲んで、
「よかった」「綺麗だった」と口々に褒めます。
それは参加した人たちが、心の中の傷を解放して、癒されたからでした。

167.jpg
後ろ手と胸縄だけ

でも、だからといって、
その傷を失ってはいけません。
何度でも取り出して、手のひらに載せて眺めて傷ついて、
その時のかわいそうな自分を離れたところから見つめ、
切なさにむせび泣くのです。

健全な人には、到底理解できないでしょうね。
これが、緊美研の会員たちが自分のことを「変態」と表す理由です。
その傷は、本物でなくてもいいのです。
「かわいそうな自分」という記憶は、捏造されたものでも構いません。
思いっきりノスタルジックな感傷に浸ることができる「記憶=ストーリー」を
それぞれが胸に描いていればよいのです。

201.jpg
カミソリで切った傷を作る秋田昌美さん

せんちゃん(濡木痴夢男)の縄は、そんな人たちを
いつでも温かく迎えていました。
(……でも、迎えたあとに問題がいっぱい起きました)


【緊美研DVDのご購入はこちらからどうぞ】


【各社動画のダウンロードはこちらから】
アダルト動画 DUGA -デュガ-

[タグ未指定]
[ 2016/07/05 04:13 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)

膝で涙と洟を拭く

ヨーロッパから来日されている方とお話しする機会をいただき、
猛暑日だった今日、新宿でお会いしてきました。

わたしは日本語しか使えないし、その人たちは日本語がわかりません。
Facebookで仲良くしているアメリカの人が、通訳をしてくれました。

わたしが緊縛・SMに興味を持ったきっかけや、
緊美研の始まりと、例会にはどんな人が参加したか……
などなど、訊かれたことはたくさんありましたが、
一般的ではない世界の言葉も多く、
正しい意味が伝わったのかどうか、気になるところです。

撮影6
今でも仲良しの藤さとみちゃんと

緊美研やせんちゃん(濡木痴夢男)のことを色々お話しているうちに、
それまでは自分の中でぼんやりしていたものが、急にくっきりと見えてきた・・・
そんな風に思うこともいくつかありました。
彼らは、緊縛作品以外の、「切腹」や「おんないぬ」などにも興味を持ってくれて、
それらの制作についても思い出しながら話しました。

わたしたちが作ってきた映像には、脚本はありません。
せんちゃんは「そんな大げさなことしなくていいよ」と言っていたし、
どうせ現場になれば、脚本の通りに進行できるはずはないのです。
大まかな設定を決めて(それくらいしないと、準備ができませんから)、
道具や衣装の用意をして、あとは本番当日。
演出などほとんどなく、わたしが心のままに動く様子を、カメラが追う。
それだけでした。
スタッフの数の少なさに驚かれ、いきあたりばったりの撮影にも驚かれました。
コンパクトでチープで、でも内容は深くて濃い。
いつもそう。
その時の「いちばん」を、ただカメラにおさめる。
それが、わたしたちのスタイルでした。

春原悠理9
この日のせんちゃんは、ずっとご機嫌でした

「現在活躍している人たちとの違いは?」
の、ようなことを訊かれ、どう言ったらいいのか考えました。
現在活躍している人たちは、「活躍」されているのだから、
多くの人に支持され、受け入れられ、好まれているのです。
でも、緊美研は違いました。
当時から、緊美研は「多数派」ではありませんでした。
緊縛・SMの世界の中でも超マイノリティです。
「通俗的なエロは一切排除」をスローガンに掲げ、
(いや、実際の例会では通俗的な場面もたくさんあましたよ!)
「縛った女のマタを広げてバイブ突っ込むなんて、バカでもできる」
と口角泡を飛ばして、毎回のように言うせんちゃんを、
「やれやれ……」と生温かい横目で見ながら、
それでも参加者たちは男性も女性も、ちょっと誇らしく思っていたのです。

春原悠理259
いまはもう、このスタジオもありません

「わからないヤツは来なくていい。理解できないヤツは見なくていい」
せんちゃんが口癖のように言っていた言葉。
まるで
「嫌なら見るな!」と強気に出て、本当に低視聴率が深刻なチャンネルのようです。

初めは「この人違う」と感じるような人でも、
一回で出禁にするのではなく、
何度か参加してもらって、少しずつお話を聞いてあげて、
その人が本当に捜し求めているのはなんなのか、
見つけて目の前に差し出してあげられたらよかったと思います。
緊縛に興味を持つ人は、きっと、
みんな心のどこかに傷を持っていると思うのです。
それを解消できないまま、大人になってしまった。
小さい頃の悲しかったこと、寂しかったこと、
大人になった後でも、その時の自分を胸の中から掬いあげて、
優しくしてあげたい。可愛がってあげたい。
そんな行き場のないナルシズムを抱えて苦しんでいる、
昔の少年、昔の少女たち。
押入れに隠れて体育座りでうずくまって、
自分の膝で涙と洟を拭いたこと、きっとあると思うのです。
わたしは、それを解放してあげたかった。
緊美研の縛りとは、せんちゃんの縛りとは、
そういうものだと、わたしは今でも思っています。




【緊美研DVDのご購入はこちらからどうぞ】


【各社動画のダウンロードはこちらから】
アダルト動画 DUGA -デュガ-

[タグ未指定]
[ 2016/07/04 00:19 ] 縛られること | TB(-) | CM(-)
プロフィール
春原 悠理 Youri Sunohara Facebook
Twitter

濡木痴夢男の緊縛美研究会の主宰です。
好きなもの:ねこ、チョコレート、雑多な読書、映画鑑賞

便利なものは苦手です。
DUGAでダウンロード

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA



不二企画

アダルト動画 DUGA -デュガ-
アダルトレーベル紹介
夢流想倶楽部
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

シネマジック
▲濡木痴夢男の緊縛参加も!▲

杉浦則夫緊縛桟敷 新世界 関西マニア倶楽部
▲月額登録でお得に▲

隷嬢寫眞館
メスブタ.com